カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「栄養素 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

沈黙の臓器

昨日車に乗っている時に聞いたラジオで
『沈黙の臓器』の話をしていました。

実は2つあります。

何故『沈黙の・・・』と言われているかと
言えば。。。



喋らないから



なんて、ベタなボケはつまんないですね。

すみません。。。

その理由は、状態が悪くなるまで
自覚症状が無い臓器だからです。


その臓器は。。。

肝臓とすい臓です。

で、昨日の話は肝臓の方だったのですが、
日頃から暴飲暴食をせずに、適度の飲酒と
バランスの良い食事を心がけないと、肝臓を
知らず知らずの内に弱める事になるそうです。

飲食以外でも、睡眠不足や夜更かし、ストレス
など日常生活の送り方も肝臓を弱める原因に
なる事は多々あるみたいです。

肝臓に炎症が起こるのが、”肝炎”。 それが
慢性化して肝臓の状態が悪くなるのが”肝硬変”
です。

そして怖いのは、”肝硬変”まで進んでしまった
肝臓から発生する事が多いのが肝がんです。

大量のアルコールを飲み続ける事が原因で
起こる、”アルコール性肝障害”は、女性に増えて
いるそうです。

男性より女性の方が悪化するのが早くて、
治療した後の病状も男性よりも悪くて、
死亡率も高いそうです。

日本酒2合以上を継続して飲酒すると発病
すると言われているので、思いあたる人は
注意してくださいね。

肝臓を強くするには:

*食べ過ぎると、栄養の処理に追われるので、
肝臓が疲労します。 食べ過ぎないようにしましょう。

*高タンパク、高脂肪の食べ物の消化は、肝臓に
とって負担になるので、卵、牛乳を含む乳製品、
肉類、小麦粉を食べ過ぎないようにしましょう。

*揚げ物を食べ過ぎないようにしましょう。 
スナック菓子は特によくありません。

*野菜や果物、海藻、キノコ類を食べましょう。

*大豆製品を食べましょう。 豆腐等の大豆食品
は肝臓にとって蛋白質の補充としては最適です。
また大豆に含まれるサポニンは、過酸化脂質が
出来るのを抑えるので、肝機能を正常に保つ
働きがあります。

*牡蠣、アサリ、しじみ、イカなどタウリンが豊富な
食材を食べましょう。

*睡眠不足、夜更かしをしないようにしましょう。

*アルコールを摂り過ぎないようにしましょう。

*ストレスを溜めないようにしましょう。

年末年始はお酒やご馳走を食べる機会が多いので
肝臓の事も気にかけてあげてくださいね。


本日はグルメの真逆の話でした。


ブログランキングに参加しています。 あなたの一押しが励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

カルシウムの効果的な摂り方

以前、ロードサイクルを乗っている時に
道路のギャップのある部分に車輪をとられ、
左肩を思いっきり路面にぶつけました。

それは土曜日の出来事で、近くの病院の
救急外来に行ってみましたが、内科の先生
しか居ないと受付で言われ、それでは仕方
ないとそのまま家に戻りました。

次の日曜日は、大阪へ遊びに行って実家に
泊まりましたが、肩の後ろの痛みが激しく
最初は、打ち身が暫く痛いのは仕方ない
。。。と我慢していたのですが、その夜は殆ど
痛みで眠れなかったので、月曜日に病院に
行きました。

レントゲンを撮ってみたら、左の鎖骨が
きれいに2つに折れている事がわかり
ました。

大人の場合、完治に半年はかかると
言われました。 子供なら一か月で
完治するそうですが。。

少しでも早く治って欲したかったので、
カルシウムとビタミンDのサプリを飲み
ました。

ビタミンDは腸でのカルシウムの吸収 を
促進し、骨への沈着を助ける働きもある
ので、いっしょに取ると効果的です。

食事面でも、牛乳を毎日飲んでいましたし、
カルシウムの含有量が意外に多い小松菜
もせっせと食べました。

その事が良かったのかどうか {?}
結局は4か月で完治しました。

骨折に関係なく、カルシウムの吸収を
助ける為には、ビタミンDを摂る工夫を
してみてください。

しらす干しや鮭、にしん等の魚や、しいたけ
にも含まれています。

カルシウムは一度にたくさん摂ると、吸収率
が低下するので、何食かに分けて摂取する
ほうが効率が良いです。



ブログランキングに参加しています。 あなたの一押しが励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。