カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「お味噌汁・スープ 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

べジブロスに使える野菜と作り方

はい、昨日に引き続き、べジブロスのお話です。

今日はべジブロスに使える野菜と作り方を紹介します。

材料となる野菜は何でも良いのですが、最低5種類以上の
野菜のくずを使うようにします。 それぞれの野菜の旨味の
相乗効果で、より美味しくする為です。


 基本材料


セロリやパセリを入れると香りがアップします。

キャベツやブロッコリーなどアブラナ科の野菜は独特の風味が出るので、
入れ過ぎないようにした方が良いみたいです。

材料の目安は両手いっぱいぐらいです。 足りない場合は、煮干しのように
一般的な和風だしの材料や、香りの出る材料を1品加えると良いです。

香りの出る材料: 干ししいたけ、ローリエ、昆布、黒コショウ(つぶ)、
            干しエビなど。

その他にも、カボチャの種やワタ、りんごの芯、白菜の芯、にんにくや
しょうがの皮、パプリカのヘタと種なども使えます。


べジブロスの作り方

野菜のくずを20分間程コトコトと煮込んでこせば完成です。 とても簡単に
黄金色の出汁が作れます。

材料
野菜の切れ端: 両手いっぱい分
水        : 1300ml
料理酒     : 小さじ1


お鍋

1)大きめの鍋に水を入れ、よく洗った野菜の切れ端を入れる。

2)火をつける前に料理酒を入れる。(野菜の臭みが消え、旨味が
  引き出される。)

3) 弱火で20~30分煮る。 強火だと野菜が煮崩れるので弱火で。
  アクもファイトケミカルなので、そのままで。

4) 火を止めて、ざるなどでこす。 

完成


野菜くずのため方: 
汚れや泥をよく落とした野菜のくずは、ジッパー付のビニール袋に
空気を抜きながら入れて保存する。
野菜が腐らないように、キッチンペーパーなどで水分を拭き取っておく。

べジブロスの保存方法:
粗熱を取って冷蔵庫で保存し、1週間程度を目安に使い切る。
冷凍なら2~3ヶ月ほど持つ。

美容にも健康にも効果あるべジブロス。 明日はべジブロスを使った
メニューを紹介します。

出典元: べジブロス


まずは安心出来る野菜を使わないと意味が無いと思ったら。。。





ブログランキングに参加しています。 あなたの一押しが励みになります。
このマークです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

べジブロスとは?

本日は美容と栄養の強い味方、べジブロスに関してです。

べジブロス: 野菜(ベジタブル)と出汁(ブロス)を組み合わせた
         造語です。

野菜の皮、種や根っこには、活性酸素の増加を防いで免疫力を
高める栄養素 「フィトケミカル」 が多く含まれています。

皮: 虫や土の雑菌から実を守ります。
種: 命の源です。
へたや根っこ: 成長の点となる部分です。

上記の部分は栄養の宝庫です。 それを煮出すことで、成分が
抽出され、極上のスープが採れるのです。

べジブロスの活用点


(1)料理のおいしさを引き立てる「だし」として使えます。

野菜の甘みや風味が染み出た、まろやかな味わいです。
和食でも洋食でもどんな料理にも使えますし、味にも深み
が出ます。


(2)野菜が有効活用できます。

材料となるのは、野菜の皮やヘタ、根元という、いつもは
廃棄している部分です。 ベジブロを作る事によって野菜
をほぼ全部使う事が出来て、無駄になりません。


(3)免疫力がアップします。
ベジブロスに含まれる「ファイトケミカル」には、免疫細胞の働きを
高める作用があります。 スープなので、体が成分を吸収し易いです。


(4)抗酸化力がアップします。

ファイトケミカルは強力な抗酸化力を持つと言われていて、人の体を
老化させる最大の原因の活性酸素の働きを抑えてくれます。


(5)抗がん作用も期待できます。

ベジブロスのファイトケミカルは、細胞のがん化を防ぎ、増殖を抑える
効果も見込まれるそうです。


何だか凄いですね、べジブロス。 明日はそのべジブロスの作り方
を紹介しますね。


でもまずは野菜を選ぶべき? と思ったら。。


ブログランキングに参加しています。 あなたの一押しが励みになります。
このマークです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

万能根菜スープ

昨日はお手軽グリーンベリースムージーを紹介しましたが、今の季節は
良いけれど、冬場のジュースは身体が冷えそうで飲むのに躊躇する、 
でもきちんと野菜類の栄養は摂りたいという人は根菜のお味噌汁や
スープは如何でしょうか?


今の時期はとても暑いですが、意外と冷房で身体が冷えている人も多い
かと思います。 そういう人は夏場でも身体を暖めるモノを食べる必要が
あります。


お味噌汁の場合なら、中に入れる具料に、ごぼう・人参・大根は外せない
ですね。(個人的にはレンコンも入れたいです。) 味のアクセントと
してはネギも入れたいところです。


季節によってはサトイモ等のイモ類を入れると、一層温まりますよね。


サトイモでなくて、サツマイモを入れると甘めの、お子ちゃまも大好きな味
のお汁になりますね。 そうなると私としては、豚肉とこんにゃくを加えて
豚汁にしてしまいますけど。。。


キノコ類も入れると栄養価も一段とアップします。 舞茸、シメジ、美味しい
ですよね。


お味噌味以外では、コンソメ味、豆乳味、ミネストローネ風のトマト味、ホワイト
クリームで根菜シチューと、色々な味が楽しめます。 

どの味にどの根菜がベストマッチか色々と試してみるのも良いかもしれません。 
自分では思い込みで合わないと思っていた根菜が意外にその味に合うとい
う新しい発見が有るかもしれませんよ。 


根菜でたっぷりと食物繊維を摂れば、お腹にも美容にも、そして健康にも
花まるです。

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。