スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ライスミルク

ミルクといえば牛乳が頭に浮かびますが、最近は牛乳
でなくて、 豆乳が浮かぶ人も居るかも。。。 私も最近は
ホットの豆乳に、きな粉入れて飲んでます。

ミルク


でも本日は、第3のミルク、ライスミルクについて
です。 ちなみに、ライスミルクはお米と水で出来て
います。 

豆乳のように絞るのではなく、酵素でもってコメを
糖化させたり、お米と水を擦り合わせて作られる
ので、お米の栄養素がそのまま含まれています。

どの製造方法でも、米の風味や甘みが感じられる
だけに、 日本人にとって、とても馴染みやすい
優しい味です。

実は欧米では、牛乳や豆乳のアレルギー対策として、
昔からポピュラーな飲み物だったのです。 

日本では最近やっと、ライスミルクのダイエット効果
やアレルギー対策用に、それと何よりも味が美味しい
ということで、注目されるようになりました。

*ライスミルクの栄養*

ライスミルクのレシピはいろいろ有るので、一概には
言えませんが、簡単に比較してみると次の通りです。


<エネルギー>
普通牛乳 67kcal
低脂肪乳  46kcal
豆乳  46kcal
ライスミルク 28kcal

<タンパク質>
普通牛乳 3.3g
低脂肪乳 3.8g
豆乳  3.6g
ライスミルク 0.5g

<炭水化物>
普通牛乳 4.8g
低脂肪乳 5.5g
豆乳  3.1g
ライスミルク 5.9g

<脂質>
普通牛乳 3.8g
低脂肪乳 1.0g
豆乳  2.0g
ライスミルク 0.2g

<カルシウム>
普通牛乳 110mg
低脂肪乳 130mg
豆乳  15mg
ライスミルク 1.2mg

出典元: ライスミルク

たしかに、ライスミルクは低カロリーでね。
何と牛乳の半分以下です。

【ライスミルクの特徴】

牛乳や豆乳はタンパク質が豊富ですが、
ライスミルクは炭水化物がメインです。
(お米ですものね。)

カルシウムがほとんど含まれていないこと
も牛乳との大きな違いです。

ライスミルクは、低カロリー、低脂質で胃腸に
優しく消化のよい飲料ということになります。

【ライスミルクのダイエット効果と利用の仕方】

低カロリーと優しい味を生かして、そのまま飲む他に、
パンやケーキ、プリンなどに、牛乳の代わりに利用
すれば、カロリーダウンできてダイエットになります。

【牛乳とライスミルクの違いについて】

ライスミルクは、タンパク質とカルシウムが少なく、
栄養素的には牛乳の代わりにはなりません。
ライスミルクを利用する時には、タンパク質やカルシウム
が豊富な食材を、合わせて取り入れていく必要があります。

⋆タンパク質が豊富な食品:  肉、魚、大豆製品など
⋆カルシウムが豊富な食品: 小魚、小松菜、モロヘイヤ、
                   ひじきなど

牛乳と1:1で割って飲めば、カロリーダウンしつつ、カルシウム
も摂ることができます。また、豆乳と割れば、アミノ酸スコアが
アップします。

ダイエット目的で利用する場合、レシピによっては、砂糖や蜂蜜
が加えられていますし、市販品には油脂が添加されているもの
もあるので要注意です。

興味を持って、作ってみたいと思う方の為に簡単に作る事が
出来るレシピを載せておきます。

材料

炊いた白米(玄米だと尚ヘルシー♪)  30g
水                       200cc
ココナッツオイル              小さじ1
塩                       少々

作り方

① 炊いたお米(又は玄米)をミキサーに入れて水を加えて
よく混ぜてから濾す。

②ココナッツオイルと塩を混ぜる。 甘めの味がお好みの
人は、ハチミツ小さじ1も加える。

これは親戚のKちゃんのレシピです。 Kちゃん、ありがとぉ~~!


ブログランキングに参加しています。 あなたの一押しが励みになります。
このマークです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事


☞ 関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。