スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ビールの美味しい季節。 2日酔い防止の為に 気をつける事は。

暑い時で体力つけたい時に、私は焼き肉が食べたくなります。 焼き肉と言えば、
ビールが飲みたくなります。 ・・・と言っても現在食事療法をしているので両方共
お預けなのですが。。。


焼き肉に冷たいビールってもう考えるだけでパブロフの犬状態で、じゅるっと
舌なめずり。 しかし、暑くて汗かいてる状態で、アルコール飲むと酔い易い
ですよね。


私はお酒好きなのですが、それ程強くもないので、2日酔いになる程も飲めないの
ですが、それでも数回2日酔いになった経験はあります。 あれは本当に辛い
ですよね。


2日酔いは、お酒に含まれるアルコールを自分の代謝能力以上に摂取する事で
なってしまいます。 アルコールは体内でアセトアルデヒドという物質に分解されて
その後に、水と二酸化炭素に分解されて体外に出されます。


けれども、アセトアルデヒドは毒性が強いので、大量にアルコールを摂取した時は、
アセトアルデヒドの分解が間に合わず、頭痛や吐き気等の二日酔いの症状が引き
起こされるのです。


下記は二日酔い対策です。

1.飲酒前に脂肪分や炭水化物を胃に入れておく
これでアルコールの吸収速度が抑えられますし、アルコールによる胃への刺激
も和らぎます。
友達のお父さんは飲酒前にバターを舐めていたそうですが、それは流石に
実行し辛いでしょうから、 オイルの入ったドレッシングを使ったサラダを食べたり、
チーズを食べたりするのが無難だと思います。

2.栄養ドリンクを飲んでおく
何と言ってもウコンですね。 ウコンによって、肝臓での解毒作用が高まります。
(アルコールとアセトアルデヒドの分解が早まります。)  ウコンは力強い味方です。
お酒を飲む前か飲んだ後に栄養ドリンクを飲むのは効果大だそうです。

3.飲酒しながら、時々お水を飲む
アルコールを摂る事で、どうしても身体の水分が失われます。 飲酒の合間や
飲酒後にもお水は飲んだ方が良いです。 特に寝る前には500ml程お水を飲めば
就寝中に脱水症状になる事もありません。

4.ちゃんぽんは避ける
これは、あれこれ飲む事で、自分がどの位飲んだのかが分からなくなるから
らしいです。 味が変われば、つい飲みすぎる危険性も大きくなりますよね。


それでも2日酔いになってしまったら、出来るだけ沢山水分をとるように心がけて
ください。 アルコールを肝臓で分解する為には、糖分が必要なので、果物を
食べると肝臓でのアルコール分解を助けます。 オレンジがお薦めです。

ブログランキングに参加中です。 あなたの一押しが励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


関連記事


☞ 関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。