スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

下処理

野菜やその他の食材でも、下処理をしなければ
いけないもの、又、した方が味がよくなったりする
ものなど、色々あります。

野菜ではアクの強いモノは下処理が必要です。

ナス・ごぼう
ナスとごぼうは切ったらたっぷりの水に暫くつける

れんこん
れんこんは、アクが強いのと、切り口が空気に触れる
と酸化して黒くなるので、酢水に付ける。
(目安として、水200mlに対して酢小さじ2)
ただし、漬け過ぎると野菜の風味が抜けてしまうので、
注意が必要。

わらび
大きめのボウルやバットに入れる。
重曹を適量(熱湯2リットルに対して小さじ1杯程)わらび
にかけ、熱湯を十分かぶるくらいかけ入れる。
(絶対に茹でない。熱湯をかけるだけで適温になる。)
浮かないように皿などをのせ、一晩(10時間以上)そのまま
放置してさます。  緑色の水になっていたら完成。

ふき
塩を入れたたっぷりの熱湯で、ひと煮立ちすれば水にとる。
皮をむき、その後冷水にとる。

こんにゃくの下処理
こんにゃくは使う前にサッと熱湯にくぐらせて水にさらすとあの独特のにおいが取れます。

油揚げ(厚揚げ、中揚げ、薄揚げ)使う前に熱湯をかけて油抜きをすれば、油くささが取れる。 中揚げや薄揚げ等は水気も
しっかりと切る。(私はフライ返しやお玉でギュギュッと押しています。)

関連記事


☞ 関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。