スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

きゅうりの韓国風和え

お盆休みに突入! お墓参りの為に仏花を9つも買って来ました。
1つは家のお仏壇用です。

お墓が三か所もあって、お盆はお墓参りに忙しいです。


今日は我が家でよく作る”きゅうりの韓国風和え”の紹介です。


きゅうり 2本



・しょうゆ 小さじ2
・砂糖   小さじ1
・ゴマ油  大さじ1
・すりゴマ 大さじ1より少し多め
・すりおろしたニンニク 1欠片分ぐらい


1)きゅうりは縦半分に切って、皮の方から麺棒等で軽くたたく。 (こうするときゅうりの
中心にある種の部分が取り易くなる。) 種の部分をスプーン等で取り除く。

2)1cm幅ぐらいに切って、塩をまぶし、暫く置く。

3)塩をまぶして置いておいたきゅうりの水気をペーパーナプキン等でふき取って
Aを混ぜたものと和える。


私はいつもAをビニール袋に入れ、きゅうりを入れてからよく揉んで混ぜます。
暫く置いておくと、よく馴染みます。


私は子供の頃はきゅうりが食べられませんでした。 高校生の頃にはサンドイッチ
に入っているきゅうりは何とか食べられるようになりました。

サラダに入っているスライスされたきゅうりを食べられるようになったのは、社会人
になってからです。

子供の時は、きゅうりのあの青臭さが苦手でした。 最近の野菜はどの野菜も
個性が少なくなってますよね。 きゅうりの味も昔ほどキツクないので、食べられる
ようになったのです。

でも今でもスティックきゅうりに塩をふって。。。なんて食べ方は苦手です。 きゅうりに
しっかりと味が付いていないとキツイです。

でもこのきゅうりの韓国風和えは、味がしっかりと付いているので食べ易い1品です。

ニンニク味が食欲をそそります。



ブログランキングに参加しています。 あなたの一押しが励みになります。
このマークです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事


☞ 関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。