スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

じゃが芋を煮るのは面倒。。。味がしみ込むタイミングは?

じゃが芋を煮るのって結構めんどうですよね。 早く味がじゃが芋に
しみ込んで欲しいけど、下手に圧力鍋使うと煮崩れる事もあって。。。

我が家では 親戚からじゃが芋を沢山いただくので、品種に関しては
選択の余地はありません。 でも、食材をいただけるという事は家計
も大助かりで、とても感謝しています。

話が少し逸れましたが、煮崩れに強い品種の場合は、やっぱり圧力鍋
を使うのが一番てっとり早いと思います。 

しかし! 私が従妹に教えてもらった下記の方法は、そう手間もかから
ずに、味がしっかりとついて美味しいです。 なので最近はずっとこの
やり方で 煮ています。 一度試してみてくださいな。


①まずじゃが芋をたっぷりの水で茹で上げます。 串を刺してみて、中まで
すっと通るぐらいに柔らかくなるまで煮ます。

②十分煮えた①のお湯を捨てて、出汁をお水で作り直します。 そこへ
じゃが芋を入れて、しばらくそのまま浸して置いてから再度煮ます。

③こうする事で、じゃが芋が冷える時に出汁をすってくれます。 出汁が
沸騰したら、再度火を止めて放置です。

この時のお出汁は、じゃが芋がひたひたに浸かる程度にして、落し蓋を
して煮ます。 お出汁はじゃが芋の煮る量によって変わりますが、
出汁に使う材料は、か つおと昆布の合わせ出汁をベースに、砂糖・醤油・
みりんを加えています。 手抜きの時は麺つゆを使う事も。 


ブログランキングに参加しています。 あなたの一押しが励みになります。
このマークです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



関連記事


☞ 関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。