スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

べジブロスとは?

本日は美容と栄養の強い味方、べジブロスに関してです。

べジブロス: 野菜(ベジタブル)と出汁(ブロス)を組み合わせた
         造語です。

野菜の皮、種や根っこには、活性酸素の増加を防いで免疫力を
高める栄養素 「フィトケミカル」 が多く含まれています。

皮: 虫や土の雑菌から実を守ります。
種: 命の源です。
へたや根っこ: 成長の点となる部分です。

上記の部分は栄養の宝庫です。 それを煮出すことで、成分が
抽出され、極上のスープが採れるのです。

べジブロスの活用点


(1)料理のおいしさを引き立てる「だし」として使えます。

野菜の甘みや風味が染み出た、まろやかな味わいです。
和食でも洋食でもどんな料理にも使えますし、味にも深み
が出ます。


(2)野菜が有効活用できます。

材料となるのは、野菜の皮やヘタ、根元という、いつもは
廃棄している部分です。 ベジブロを作る事によって野菜
をほぼ全部使う事が出来て、無駄になりません。


(3)免疫力がアップします。
ベジブロスに含まれる「ファイトケミカル」には、免疫細胞の働きを
高める作用があります。 スープなので、体が成分を吸収し易いです。


(4)抗酸化力がアップします。

ファイトケミカルは強力な抗酸化力を持つと言われていて、人の体を
老化させる最大の原因の活性酸素の働きを抑えてくれます。


(5)抗がん作用も期待できます。

ベジブロスのファイトケミカルは、細胞のがん化を防ぎ、増殖を抑える
効果も見込まれるそうです。


何だか凄いですね、べジブロス。 明日はそのべジブロスの作り方
を紹介しますね。


でもまずは野菜を選ぶべき? と思ったら。。


ブログランキングに参加しています。 あなたの一押しが励みになります。
このマークです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




関連記事


☞ 関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。