スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

砂糖依存症?

最近やたらと甘いモノが食べたくなります。

これってもしかしたら、『砂糖依存症』でしょうか?


sweets.jpg


以下の質問で自分が砂糖依存症なのかどうか、チェック出来ます。

あてはまる項目がある場合は、砂糖依存症の可能性があるとのこと。

1) 甘いものを食べないと満足できない。

2) 甘いものを暫く食べないとぼんやりしてしまう。

3) お腹は空いていないのに何かしら食べたくなる

4) 一口だけのつもりでつまんだお菓子が止まらなくなって
   しまうことがよくある。

5) 年々甘いものを食べる量が増えてきている。

6) 甘いものを食べるとすっきりする

7) 甘いものを控えようと思っていても、つい食べてしまう。

出典元: EO健康

あなたは幾つありましたか? 私は何と4つでした。(1,3,5,7)

毎日のように口にする「砂糖」には、依存性があり、うつ病や
骨粗しょう症などといった、様々な恐ろしい状態を引き起こす
原因にもなるそうです。


砂糖依存症に陥るメカニズム

食事や甘いものを摂ると、消化酵素で分解されたブドウ糖によって
体内の血糖値(血液中のブドウ糖の濃度)が上昇します。

糖の中でも砂糖は分子が小さいので、体内でブドウ糖に分解され
やすく、特に空腹時に砂糖を摂取すると血糖値が急激に上昇します。

その結果、血糖値を下げる働きを持つインスリンが一度期に大量に
分泌されて血糖値が急低下し、「低血糖」状態を引き起こします。

そして、体内が「低血糖」状態になると、脳がエネルギー不足になり
「空腹」の状態だと勘違いして、「甘いもの(糖分)を摂取して血糖値を
上げる」ように、信号を出してしまいます。

上記の理由から、砂糖を摂取した後に空腹ではなくとも、繰り返し砂糖
を欲するようになるのです。

また、砂糖を摂ると脳の中でドーパミンやセロトニン、ノルアドレナリンなど
の脳内神経伝達物質が分泌されます。これらの物質はそれ自体は、危険
な物ではないのですが、人に幸福感や癒やしを与える麻薬のような性質を
持っています。

身体が疲れたときや、ストレスを感じるたびに甘いものを食べて幸福感や
癒しを得るようになると、この快感がクセになり、やがては中毒のように
「砂糖を取る=幸せになる」 と無意識に脳が感じるようになってしまいます。

快感を得るために砂糖を摂る、そんな状態に陥るのが砂糖依存症です。

「砂糖」は甘いお菓子だけでなく、清涼飲料水やパン、スープなどの加工
食品、調味料にも含まれているので、普段は甘いお菓子を食べない人でも
知らない間に砂糖を大量に摂取していて、砂糖依存症になっている可能性
もあります。

k.jpg


砂糖を摂り過ぎる事で起こる弊害

常習的に砂糖を多く摂取すると「糖尿病になる」と言われますが、その他にも
様々な弊害があります。

ビタミンB群、カルシウム不足からくる症状

糖質は消化される際にブドウ糖となり、これが代謝機能に働きかけることで
エネルギー源に変わります。この消化の際に必要なのが、体温の維持や
食べ物の消化、脳の働きなどに重要な働きをするビタミンB群や、カルシウム
などの栄養素です。

甘いものをたくさん食べるということは、体内でそれだけの糖分を消化するため
に、ビタミンB群やカルシウムも大量に必要になります。 

体内でこれらの栄養素が不足すると、身体に悪影響を及ぼし、様々な弊害が
起こります。

明日は弊害の詳しい内容と、砂糖を控えるコツをお話します。


ブログランキングに参加しています。 あなたの一押しが励みになります。
このマークです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




関連記事


☞ 関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

Re: No title
コメントありがとうございました。 承認が遅くなってすみませんでした。
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。